2015年03月23日

やまぶき Ver. 4.16.1リリース

やまぶき Ver. 4.16.1をリリースします。

yamabuki4.16.1.zip

・親指シフトの配列面を使用していないときに親指シフトキーについての設定が効かない不具合を修正しました。
posted by yama at 22:01| Comment(12) | TrackBack(0) | やまぶき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも使わせて頂いております。
便利なソフトを、ありがとうございます!
実用上、さほど問題にはなっていないのですが、一応ご報告までに……
Win7+ATOK2013+やまぶきRという環境です。

例えば「Shift押 → Ctrl押 → Shift離 → S」という操作をすると、
入力として「Ctrl+S」のはずなんですが、単発「s」が入力されます。

10分くらいPCを放置すると、動作が遅くなることがあります。
例えば「や」を入力すると、「ya」が「や」に変わるのが、
はっきりと見えてしまいます。
やまぶきの問題とは限りませんが、やまぶきの設定画面を出すと、
高確率で直ります。

今後の開発も期待しております。
失礼いたします。
Posted by ばっくどろっぷ at 2015年03月27日 17:17
PCを放置するとCPUが省電力モードに入って処理速度が低下したりするので、後者はそのせいだと思います。
前者は、試してみましたが確認できませんでした。
Posted by yama at 2015年03月28日 21:12
お返事ありがとうございます。

申し訳ないです。
「左Ctrl」を「拡張親指シフト1」に指定していた場合に限った操作でした。
「Ctrl+I」で「↑」などの操作を実現するために設定を変えたのですが、説明不足でした。
標準設定だと発生しないのを確認しました。

CPUが省電力モードに……なるほど。
しばらく操作しても復帰してくれないのは困ったものですね。
Posted by ばっくどろっぷ at 2015年03月28日 23:48
確認しました。これは仕様ということにしておいてください。
配列定義ファイルの書き方によっては小指シフトの有り無しで親指シフトを使うかどうかが変わる場合があるので、小指シフトの状態が変わったときには、安全のために親指シフトの状態(親指シフトが押されているなど)をリセットしているのです。
Posted by yama at 2015年03月29日 21:40
仕様ということで、わかりました。
お時間ありましたら、オプションの設定で、選択ができると嬉しいです。
よろしくお願いします。失礼いたします。

Posted by at 2015年03月30日 00:00
ATOK2014で親指ひゅんQがうまく動作しないため、初めてやまぶきを使わせて頂いております。
素晴らしいソフトをありがとうございます。
動作環境は、
XP+ATOK2014+やまぶき+NICOLA配列(文字直接入力)です。
このATOKでも、
http://yamakey.seesaa.net/article/365444348.html
に記載があるとおり、
変換後確定前に次の文字を入力すると変換した文字が確定されずに変換前の文字が追加されるという現象が生じました。
そこで配列定義ファイルの""を全て削除すると追加文字の入力で確定するようになりましたが、今度はシフト無しのときに4段目の文字が123・・ではなく、ぬふあ・・と入力されてしまいます。
そこで配列定義ファイルのシフト無しの4段目の定義については""で括るようにすると無事入力できるようになりました。
使い始めなので、まずはご報告まで。
今後とも宜しくお願い致します。
Posted by pinknaga at 2015年08月03日 17:06
毎日、使わせて頂いてます。
Window7+ATOK2014+FMV-KB232の環境です。
親指シフトで、これなしには入力できません。
素晴らしいソフトを有り難うございます。
この度、やまぶき Ver. 4.16.1の存在に気づき、
早速ダウンロードしました。
今後ともよろしくお願い致します。

Posted by echo at 2015年12月22日 22:37
「やまぶき」をThumbTouchで使用します。
「やまぶき」にはver.1とver.4があるようですが,ver.4のほうが新しくて,良いのでしょうか?
Posted by 新宮勘治 at 2016年02月08日 16:34
やまぶき Ver. 4.16.1をいつも使わせていただいています。
Window7+ATOK2014+FMV-KB232の環境です。
最近一太郎が「管理者として実行」モードになり、一太郎の中でのみ、jisカナ配列に戻ってしまいます。一太郎2014を再インストールすると、しばらくは良かったのですが、いつの間にか「管理者として実行」モードに変わってしまったのです。解決法をご存じでしょうか。

Posted by echo at 2016年02月26日 14:27
「管理者として実行」モードの件、解決しました。まったく簡単なことを質問してしまって申し訳ありませんでした。変更した記憶はないので混乱してました。このモードでソフトを立ち上げると「やまぶき」のキー配列変更が無効になるのは仕方がないのでしょうね。でもすごいソフトを有り難うございます。日本語文字入力の早さがまったく違います。毎日毎日、感謝しています。
Posted by echo at 2016年02月26日 15:34
こんにちは。

「やまぶきR」には本当にお世話になっています。
そこで、一つお伺いしたいのですが、
「やまぶき」はorz配列での入力はできないのでしょうか?
自分で何回か試したところ、駄目でした。
当方の環境は
かWin10+ATOK(最新版)+やまぶきRです。
よろしくお願いします。
Posted by YT at 2016年07月01日 12:44
きのう、盲ろう者向け通訳・介助員養成講座で、ピンディスプレイ通訳をしました。
パソコンから入力してピンディスプレイで受け、盲ろう者の方が読むというのを受講生の皆さんに体験してもらうことにしました。
私たち3人とも全員親指シフト入力者でやまぶきを入れて入力しています。
やまぶきを終了させれば、ローマ字入力ができるようになりますよね。
そうやってローマ字入力の方にはやっていただきましたが、JISかなで入力できるようにするにはどうしたらよかったのでしょうか。
ご教示願います。
よろしくお願いします。
Posted by 葉実♪ at 2016年09月12日 10:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416137116

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。