2010年09月06日

やまぶき Ver. 4.6.1リリース

やまぶき Ver. 4.6.1をリリースします。

yamabuki4.6.1.zip

・文字キーへのファンクションキーの割り当てが機能していない不具合を修正しました
posted by yama at 20:26| Comment(6) | TrackBack(0) | やまぶき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもありがたく使わせてもらっています。Caneです。

要望がひとつあります。
設定ファイルの選択がタスクバーの右クリックからできるようになっていて使いやすいのですが、さらにもう一歩操作が簡単になるといいかと思うんです。
つまり、タスクバーのやまぶきアイコンをクリックすると現状では、

設定再読み込み
設定
設定ファイルの選択
------------------
一時停止
バージョン情報
------------------
終了

と出てきて、「設定ファイルの選択」からファイル選択のエクスプローラ的なウィンドウを表示させ、その中で目的のファイルを探すことになりますが、
このエクスプローラ的なウィンドウ(…決まった名前があるのでしょうか)が出るまでに遅いときでは三秒ぐらい待たされるので、作業の調子が狂ってしまうことがよくあります。
そこを端折って、たとえば

日本語鍵盤用設定ファイル.ypr
英語鍵盤用設定ファイル.ypr
------------------
設定再読み込み
設定
設定ファイルの選択
------------------
一時停止
バージョン情報
------------------
終了

などのように、やまぶきの実行ファイルのあるフォルダ内のyprファイルを自動で検索して並べておいてくれたら、直接選べて切り替えがとても楽になると思うんです。
やまぶきフォルダ内に設定ファイルがyamabuki.yprひとつしかないときはyprファイルリストを表示しないなど、既存の操作性を損なわないような仕様も考えられますし、
現在使用中の設定ファイルの頭に「*」をつけておいたりすると、なお分かりやすくできるかと思います。

どうでしょうか。まったく的外れな提案でもないと思うのですが。一考していただけたら幸いです。

このような要望をするのには、ATOKとGoogle日本語入力を使い分けているという背景がありまして、「IMEの種類を自動判別してほしい」というのも密かに望んでいることだったりします。
話し言葉の多いチャットではグーグル入力、ちゃんとした記事を書きたいときはATOKなどとアプリケーションごとに目的分けして使っていると、設定変更する手間が頻繁に出てくるのです。
ATOKだったらこの設定ファイルを使う、とあらかじめ指定できるような設定ファイル自動選択機能があったらもっといいかも…なんて思うこともありますが、それは贅沢かもしれませんね。

これらの要望は、実現すると反応速度が犠牲になるようだったら、見送ってくれていいです。きびきびと動くやまぶきであり続けてほしいですから。
Posted by Cane at 2010年09月19日 00:56
メニューに設定ファイルを登録しておいて選択できたらいいとのことですが、実装できましたので、次のバージョンではできるようになります。

IMEの自動判別については、IMMやらTSFやらのごたごたでIMEの名前が取得できなくなっているようで、現状では不可能っぽいです。

代わりといっては何ですが、設定ファイルの切り替えを文字キーに割り当てられるようにしました。キーボードショートカットで切り替えられれば多少はめんどくささも減るのではないかと思います。
Posted by yama at 2010年09月19日 21:40
いつもお世話になります。
Caneさんの案に賛成です。
また、新しいVersionのインストール時に、時々、誤ってyamabuki.iniを上書きしてしまい、編集した物を失ってしまいます。
そこで、環境変数でiniファイルを指定できるようにしてはいかがでしょうか?
以下は提案です。

変数         値
yamabuki_dir   c:\uty\yamabuki\
yamabuki_ini   X61_KB231.ini
Posted by だい at 2010年09月20日 19:41
デフォルトのyamabuki.ini以外のファイル名を使う手段を搭載するのは問題ないです。
それで、それを搭載するのにコマンドライン引数を使う方法でいきたいのですがそれじゃ駄目ですか? 環境変数は個人的にあまり好きじゃないので。
ショートカットを使えばワンクリックで実行できますし、絶対パスを指定すれば別フォルダに置くこともできます。
形式としては「yamabuki.exe -i yamabuki.ini」みたいな感じになります。
Posted by yama at 2010年09月20日 21:03
早速返事をいただいて、ありがとうございます。
環境設定ファイルがメニューに表示され、キーボードショートカットでも切り替えられるようになるそうで、便利この上ないことになると思います。

ただ、その後のだいさんとyamaさんの発言にあった内容が、知識のない僕には何の話だか理解できず…。メニュー表示とキーショートカットの実現方法についてなのでしょうか。

方法は問いませんので、実現されたら嬉しいです、とだけ言っておきます。
Posted by Cane at 2010年09月20日 22:30
やまぶきでは現在使用している設定ファイルをyamabuki.iniに記録していてそのファイル名を変えたりできないのですが、だいさんの提案はそれを変えられるようにしたいという話です。
だいさんはファイル名を指定する方法として環境変数を使う方法を提案されていますが、私としてはコマンドライン引数を使う方法でいきたいと。
環境変数というのはコントロールパネルのシステムのプロパティで設定できるもので、コマンドライン引数とは実行時に実行ファイルに対して指定できるものです。
上の発言での「ショートカット」とはファイルのショートカットを表していて、それを使うとコマンドライン引数を使用した実行もワンクリックでできるのです。
Posted by yama at 2010年09月21日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161749300

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。