2010年08月11日

やまぶき Ver. 4.5.1リリース

やまぶき Ver. 4.5.1をリリースします。

yamabuki4.5.1.zip

・「IMEへのアクセスに使うAPIの種類」が「TSF」のときにOracle VM VirtualBoxで環境設定の内容が読み込まれなくなる不具合を修正しました
posted by yama at 21:22| Comment(4) | TrackBack(0) | やまぶき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4.4.6の時にコメントさせていただいた者です。

4.4.5以降、Google Chromeでページによっては読み込み中のままでいつまでも読み込みが終わらないという現象が続いて悩んでいるというご相談をさせていただきました。
が、そちらで再現されないので問題も解決できないということで、その後4.4.4のまま使っていました。
しかし、今回の4.5.1を入れたところ、問題なく使用できました!

4.4.5〜4.5.0はだめだったものがどうして4.5.1でOKになったのか、あまり参考にはならないかもしれませんが、一応ご報告まで。
Posted by toto at 2010年08月12日 17:30
問題なく使用できるようになってよかったです。
Ver. 4.5.1より前のバージョンではTSFの初期化関係の所に問題があって、フック先のアプリでCOMコンポーネントを使っていると色々と不具合が起こります。気づいたきっかけは報告にあった音量ミキサーとVirtualBoxでしたが、いろんなアプリで起こりうる不具合なので、Google Chromeでの不具合が解消されたとしても不思議ではありません。ソースコードを見返してみても4.4.5からまずいやり方になっていたので、これが原因だと思われます。
Posted by yama at 2010年08月12日 21:01
こんにちは、いつもお世話になっています。

突然で単刀直入に失礼しますが、KB231等のUSB接続の親指シフトキーボードに対応できないでしょうか?

KB211等のPS/2はドライバーなしで使えますが、USB接続のキーボードは、つないだだけだと旧JISかなとして働きます。

親指きゅんQなどでも使えるようになりますが、64bitソフトで使えません。

現在、やまぶきで「無変換」「変換」に親指シフトキーを割り当てると使えていますので、「親指左」「親指右」に対応するだけで、使えるようになるのではないかと思います。
Posted by だい at 2010年08月13日 08:19
すみません。さきほどKB231の件で書き込んだ物です。
キーコードを調べようとしてみたら、「親指左」が「無変換」、「親指右」が「変換」と同じだったので、やまぶきでそれで試してみたら、うまくいきました。

ずっとPS/2版を使ってきたので、USB版がこういう仕様になっているとは知りませんでした。快適に使っているうちは他のキーボードの事など調べません(KB211の軸が全体的に摩耗して打ちにくくなって、やっと買い換えようとしました)
 お騒がせしました。

Posted by だい at 2010年08月13日 08:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。