2010年07月20日

やまぶきR Ver. 1.0.4リリース

やまぶきR Ver. 1.0.4をリリースします。

yamabuki_r1.0.4.zip


・「IMEへのアクセスに使うAPIの種類」が「IMM」のときにIMEの英数モードを認識しない不具合を修正しました

・「IMEへのアクセスに使うAPIの種類」が「TSF」のときにOpenOfficeの「ファイルを開くダイアログ」でIMEの状態の取得に失敗する不具合を修正しました
posted by yama at 21:36| Comment(4) | TrackBack(0) | やまぶきR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもお世話になってます。
すみません、他の皆さんは分かってることなんだろうと思いますが、やまぶきRがついている間はカナ入力ではなくローマ字入力が殺されるようになったということでいいんでしょうか。
ローマ字/カナをAlt+カタカナひらがなで切り替えるように、やまぶきを一時停止/復帰させるショートカットキーがあると楽かな、とちょっと思いました。我が儘ですいません。と

あと細かいことですが、飛鳥123の新版のレイアウトでは、R表が“び”W裏が“ひ”に替わってます。
Posted by shine at 2010年07月24日 03:24
>やまぶきRがついている間はカナ入力ではなくローマ字入力が殺されるようになったということでいいんでしょうか。
やまぶきRはローマ字入力(と英数入力)に対してキーを入れ替えることができ、カナ入力に対してはできないという仕様になっております。
やまぶきの方はローマ字入力とカナ入力(と英数入力)の両方ともキーを入れ替えることができます。

>やまぶきを一時停止/復帰させるショートカットキーがあると楽かな、とちょっと思いました。
スクロールロックキーを押してスクロールロックをオンにすると、やまぶきによるキーの入れ替えが一時停止します。

>飛鳥123の新版のレイアウトでは、R表が“び”W裏が“ひ”に替わってます。
ご報告ありがとうございます。
次バージョンで修正しておきます。
Posted by yama at 2010年07月24日 20:13
スクロールロックで一時停止にできたんですね!説明書にも書いてありましたね。お恥ずかしいところをお見せしました。
親切に教えて下さって、ありがとうございます!
Posted by shine at 2010年07月24日 22:44
やまぶき快調に動いています。
ありがとうございます。
1.0.3のバージョン時、IMEオンの状態で「英数キー」で英字入力(IMEオンのまま)としたとき、
英字が親指モードで入力されるので報告しようと思っていたのですが1.0.4で直っていました。
すばやい修正ありがとうございます。
Posted by mint at 2010年07月27日 11:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。