2010年07月20日

やまぶき Ver. 4.4.8リリース

やまぶき Ver. 4.4.8をリリースします。

yamabuki4.4.8.zip

・「IMEへのアクセスに使うAPIの種類」が「TSF」のときにOpenOfficeの「ファイルを開くダイアログ」でIMEの状態の取得に失敗する不具合を修正しました
posted by yama at 21:35| Comment(3) | TrackBack(0) | やまぶき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひさびさの書き込みになります。
おおかた順調に使っているのですが、ひとつ要望があります。
日本語と英語だけでなく、中国語も入力する必要がある環境で使っていると、
中国語入力時にやまぶきが余計なキー入れ替えをしてくれてしまいます。
第三言語での入力時にはキーの入れ替えを一切行わない仕様にはできないでしょうか。
現状では、第三言語の入力IMEに何を使うかで挙動が違っていて、
ローマ字面の入れ替えがされたりカナ面のキー入れ替えがされたりします。
他言語に切り替えたときに[Scroll lock]を押せばすむ話ですが、その都度キー操作がひとつ増えるのは、けっこう煩わしいものです。
「日本語以外のIME使用時はキー入れ替えを停止する、または英数定義面の入れ替えをする」
というふうになっていると、使いやすくなると思います。

それからもう一点、不具合を発見しています。
ATOK使用で、[変換]キーで半角入力モードに切り替えてアルファベットを入力しようとすると、
その入力に対してローマ字面の入れ替えが効いてしまいます。
ご確認ください。
Posted by Cane at 2010年07月29日 11:20
日本語以外のIME使用時の件とATOKの半角入力モード件、両方とも対応しました。
次のバージョンをお待ちください。
Posted by yama at 2010年07月29日 20:12
素早い対応をありがとうございます。
次のバージョンを楽しみにしています。
Posted by Cane at 2010年07月29日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156929494

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。