2010年06月04日

やまぶき Ver. 4.4.1リリース

やまぶき Ver. 4.4.1をリリースします。

yamabuki4.4.1.zip

・親指シフトの連続交互シフトを廃止にしました
・機能キーの入れ替えで英語キーボード使用時でも「無変換」キーや「変換」キーや「カタカナ/ひらがな」キーを入れ替えられるようにしました
・日本語キーボード以外のキーボードで機能キーの入れ替えが正常に機能していない不具合を修正しました
・同時打鍵系の配列使用時に右小指シフトキーを後押しすると小指シフトキーが押しっぱなしの状態になる不具合を修正しました


posted by yama at 20:25| Comment(4) | TrackBack(0) | やまぶき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもバージョンアップありがとうございます。
英語キーボードで秀丸を使ったとき、
ATOKをOFFにした状態で英数文字を入力しようと文字キーを押すと
「ファイル名が見つかりません」というエラーが出ます(何のファイルか不明)。
[Word・Outlook対策を無効にする]にチェックを入れると出なくなりますがこれは正常でしょうか
Posted by Yama at 2010年06月05日 05:21
yama様

いつもお世話になっております。
Ver. 4.3.1の時に、自作ソフトウェアとの組み合わせでの動作でご相談させて頂いた者です。

Ver. 4.4.1を試してみましたが、このバージョンはやまぶき動作中に、IMEがオフの時、または、IMEオンで英字入力モードの時に、スペースキーとタブキー以外の文字キーが全く入力出来なくなる様です。
また、無変換キーにひらがなキーの機能を割当てていても、これも効かなくなるので、英字入力モードから無変換キーでかな入力モードに移行することも出来ませんでした。
Ver. 4.3.1の時に対策しました自作ソフトウェアの「無変換キーによるIMEオン」も動作しなくなっています。

動作確認環境は、Win2000/XP(32bit)です。

ご確認頂けないでしょうか。
Posted by 松下 at 2010年06月05日 10:03
英語キーボード対策をしてもらって、有難うございます。

ただ、新たな不具合が出ているようです。
Win7+ver.4.4.1+ワード2003で、
CTRLキーが押しっぱなしのような挙動になることが、頻繁にあります。
はっきりとは分からないのですが、
文字キー同時打鍵シフトか拡張親指シフトを使った後に発生することが多い気がします。
配列定義ファイル・動作環境ともにver.4.4.0で報告したときのものと同じです。
WinXP環境では調べていません(XPは職場パソコンで、月曜日まで触らないので)。

以上、確認お願いします。
Posted by Cane at 2010年06月05日 11:12
>Yamaさん
>松下さん
>Caneさん
ひどいエンバグでご迷惑をお掛けしてすみません。
修正した物を上げました。
Posted by yama at 2010年06月05日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。